ペット

ペットとの避難訓練

以下のようなことを考えました。
ーーー
ペットの避難訓練

災害時のペットについて、避難所がペット連れを受け入れるようにすることも重要ですが、一方、我々のペットが避難所でほかの知らない犬や人と一緒に暮らせるのか?そもそもケージでおとなしくしていられるのか?トイレは?など心配はつきません。

これらの心配を一挙に解消するのが「ペット連れの避難訓練」ではないでしょうか?

1. 訓練は、市、小田原獣医師会、城址公園愛犬家の会の共催とする。
2. 避難場所は市に用意してもらう。
3. 参加者は狂犬病予防接種者のリストから希望者に参加してもらう。
4. そのために、市が参加勧誘の手紙を出す。
5. 犬を寝かすケージは参加者が用意する。
6. 人間用の寝具はできれば市の避難所用のものを利用する。
7. 炊き出しは可能なら行う。無理ならばコンビニで調達。
8. 1泊のみ。
9. 参加者に感想を聞き、まとめて市に報告する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大災害とペット(犬)

神奈川県では「神奈川県災害時動物救護活動実施要綱」を定めています。神奈川県内で災害が起こったときには神奈川県はこの要項に沿って動くことになります。
この要項によると、県内で大災害が発生した時には「神奈川県動物救護本部」を設置し、その下部組織として地域支部、仮設動物救護センター、臨時動物救護病院を設けることになっています。私の住む市も例外ではないはずですが、まだ具体的な動きはないようです。
そこで以下に、私の住む市(以下××市)が大災害の被害を受けた時のことを県の要項に沿って考えてみました。

1. ××市は災害が起こって時には「神奈川県災害時動物救護活動実施要綱」に基づいて、「神奈川県動物救護本部」の下部組織として、××市内に
(1) 動物救護××支部
(2) 仮設動物救護センター
(3) 臨時動物救護病院
を設ける。

2. 動物救護××支部
(1) 支部長は××獣医師会長とし、副支部長は支部長が指名する。
(2) 以下の業務を行う。
① 本部、仮設動物救護センター、臨時動物救護病院との連絡調整
② ××市内の関係団体、行政機関との連絡調整
③ 飼養されている動物に対する餌の配布
④ 負傷している動物の応急治療および一時保管
⑤ 所有者が不明な動物の一時保管
⑥ ××市内の被災動物に関わる巡回相談、助言及び情報提供
⑦ その他××市内の動物救護活動に必要な事項
(3) ××支部長はその活動のために必要な人員及び物資等の配布を神奈川県動物救護本部(以下本部)に要請する。
(4) 設置期間は3ヶ月以内とし本部長が決定する。

3.仮設動物救護センター
(1)所長は××獣医師会の会員とする。
(2)以下の業務を行う。
① 本部、××支部、臨時動物救護病院との連絡調整
② 負傷している動物の治療、保管
③ 所有者が不明な動物の一時保管
④ ××支部または臨時動物救護病院で一時保管している負傷動物または所有者不明動物の収容
⑤ 飼育することが困難な動物の一時保管
⑥ 動物の所有者探し、里親探し、情報提供
⑦ 医薬品、物資登の保管
⑧ その他××市内の動物救護活動に必要な事項

4.臨時動物救護病院
(1)神奈川県獣医師会員(以下では獣医師会員)が小田原で開く診療施設
(2)獣医師会員は災害により本部と連絡が取れない場合には自主的に活動を開始できる
(3)以下の業務を行う。
 ①負傷している動物の治療、一時保管
 ②所有者が不明な動物の一時保管
 ③飼養されている動物への給餌
④その他動物救護に必要な事項
(5) 獣医師会員は臨時動物救護病院の活動に必要な人員、物資の配布を本部に要請できる
(6) この活動期間は仮設動物救護センターの開設までとする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「同伴避難」児玉小枝著、紹介

http://www.amazon.co.jp/%E5%90%8C%E4%BC%B4%E9%81%BF%E9%9B%A3-E5%85%90%E7%8E%89%E5%B0%8F%E6%9E%9D/dp/4798410934/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1320975587&sr=1-1

原発災害によって立ち退きを迫られた福島の被災者が8000人
以上避難した新潟県。

地元福島では、ペットは避難の対象とされず、物と同じ扱い
だった(連れていってはいけない。つないだまま置いて行
け)ので、新潟でもそうだろうと車内でペットと泊まる覚悟
で避難した人たち。しかし、新潟市の対応は違っていた。

新潟県・新潟市・新潟県獣医師会・新潟県動物愛護協会、が
協力して「動物救済本部」を立ち上げ、避難してきたペット
とその家族を受け入れていた。

著者が訪れた避難所は、
新潟市体育館、三条市体育文化センター、老人憩いの家「夕
映荘」(長岡市)、新潟西総合スポーツセンター、の4箇所。

これらの避難所で、それなりに幸せに暮らすペットと家族の
心温まる話。

巻末にペットの防災マニュアルがあり、参考になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと

マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと

マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと

4.63点 (250 人)


早川書房
ジョン・グローガン, 古草 秀子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このイヌに比べれば、我が家のイヌはまだましだ、と誰でも思うことが出来る。それほどこの犬のばかさ加減は尋常でない。しかも体重45キロ。ああ、内のイヌは小さくて良かったとしみじみ思う。(バカさは似たようなものだが)

しかし、このバカイヌの可愛らしさ。
このイヌに注ぐ著者夫妻の純粋な愛。
イヌも懸命にその愛に応えるのだが、なにしろ生まれ付いてのオッチョコチョイ。結果としては飼い主に迷惑のかけどおしになる。辛抱強く後始末をする筆者夫婦。

夫妻には3人の子どもが生まれ、バカイヌも年老いる。そして必ず来るお別れ。

読む者は、バカイヌの美しい心に触れることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)