ファッション・アクセサリ

和服と帽子

和服の女性で帽子を被っているのを見たことがない。昔の絵を思い出すと笠は被っているが帽子は被っていない。帽子はお洒落の大事な道具なのに何故だろう? 姉さん被りはお洒落でなく実用だろう。頭巾というのがあった。御高祖頭巾とか。しかしあれはフードであって、風除けとか覆面とか、やはり実用的なもので、 お洒落が主目的ではないと思う。Wafuku1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                            戦前の男は和服にパナマ帽を被ったりした。ソフトという帽子もあった。それにステッキを突くのがお洒落だった。最近は見かけない。そろそろ復活するのだろうか?

昔の日本で帽子が発達しなかったのは日本髪のせいではないだろうか?日本人は頭を帽子で飾らないで、髪の毛で飾ったのだ。
花魁の絵を思い出す。

Wafuku2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ頭に飾り物を付けては帽子は被れないし必要もない。

しかし、今和服の女性が日本髪に結うのは、結婚式くらいで後は芸者さんだけでは?と言うことは和服を着ても頭は洋服の時と同じ、パーマをかけてちょこっと髪飾りを付ける程度。これはアンバランスなのではないだろうか?

帽子デザイナーは和服用の帽子開発に挑戦すべきだ、というのが私の今日の結論。

| | コメント (1) | トラックバック (1)