« 中国の死因、ガンが現在トップ | トップページ | 3 月 8 日発売の週刊新潮に南京問題掲載されず »

河村たかし名古屋市長の南京発言を応援する

河村たかし名古屋市長が南京で行った発言について、中国のネットでの反論が相次いでいるそうだ。中国政府の反日教育の成果だろう。

私は河村市長の秘書宛に応援のメールを打った。内容は下記。

ーーー

南京での勇気ある発言に心からの感謝を表します。

「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」

というのは全く常識的な発言で礼儀に反していないにもかかわらず、これに対する南京市の対応は非礼極まるもので中国共産党が国際常識を如何に弁えていないかを示すものだと思います。

どうか、この状況を海外に広く知らせていただきたいと思います。日本のマスコミは頼りにできません。

「南京で歴史に関する討論会をしてもいい。互いに言うべきことを言って仲良くしていきたい」

討論は拒否するでしょうね。嘘がばれるだけですから。

ーーー

なお、私が送ったメールの送付先は下記、
名古屋市役所
市長室 秘書課 秘書係
電話番号 052-972-3054
ファックス 052-972-4105
メールアドレス: a3054@shicho.city.nagoya.lg.jp

|

« 中国の死因、ガンが現在トップ | トップページ | 3 月 8 日発売の週刊新潮に南京問題掲載されず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この度の南京発言を大変賛同いたします。事実は事実として断じて主張すべきです。そこで初めて真の友好関係が成立するのです。市長の発言の後 多くのマスコミ 所謂知識人の中国寄りの発言が大勢を占めていましたが誠に残念です。いつから日本人はこんな根性なしになってしまったのでしょうか。一つには マスコミをはじめ 言論界に責任があります。
市長殿これからも どうか 日本国内で その正論を述べ 日本人に日本人の矜持を喚起して頂きたいと思います。

投稿: 手塚康夫 | 2012年2月26日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/54060805

この記事へのトラックバック一覧です: 河村たかし名古屋市長の南京発言を応援する:

« 中国の死因、ガンが現在トップ | トップページ | 3 月 8 日発売の週刊新潮に南京問題掲載されず »