« スーチー女史は善人か 高山正之著 | トップページ | ペットとの避難訓練 »

日本を捨てた男たち

フィリッピンで経済的に困窮し、ホームレスになる日本人中高年男性が増えているらしい。その、ルポ。

日本脱出願望は私にもあるし(実現は難しいが)、異国の若い女性と同棲するのは悪くない。しかし、ホームレスにはなりたくない。そんな気持ちで本書を読み始めた。

大体日本のフィリッピンパブで働いていた女性が好きになり、フィリッピンに渡って結婚する。歳の差婚。やがて金がなくなり、その後フィリッピンの奥さんに愛想を尽かされて追い出され、ホームレスになる、というのが典型的なパターン。

如何にもフィリッピン女性が勘定高いようにも思えるが、男のほうにも多くの問題があるらしい。

このような男の共通点と私に思えたのは、

1.嘘つき。窮迫した状況にもよるのだろうが、言うことに嘘が多い。その場限りの嘘。多くは見栄のため。

2.日本で不義理を重ねているので、日本で助けてくれる人がいない。病気で帰っても空港に迎えに来てくれる人がいない。帰るところはもちろんない。

3.帰りの航空運賃を残していないので、自力では帰れない。ヴィザ切れによる不法滞在なので、帰るにはその罰金を払わなければいけないがそれもない。

4.周囲のフィリッピン人が見兼ねて助けてくれている。そのお情けで何とか生きている。

どうも嫌な奴が多いようだ。あまりお付き合い願いたくない人たち。しかし、そんな人たちさえ受け入れるフィリッピンの人たちはどうなっているのだろう?

キリスト教のためだろう、というのが一つの答え。
資本主義社会以前の暖かさ、というのがもう一つの答え。
あるいはフィリッピン特融の国民性だろうか?

一瞬の天国を味わった男たち。羨ましくもある。ホームレスにはなりたくないが。

|

« スーチー女史は善人か 高山正之著 | トップページ | ペットとの避難訓練 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/53679951

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を捨てた男たち:

« スーチー女史は善人か 高山正之著 | トップページ | ペットとの避難訓練 »