« 中国経済が崩壊したら? | トップページ | 「豹変した中国人がアメリカをボロボロにした」川添恵子著 »

大災害とペット(犬)

神奈川県では「神奈川県災害時動物救護活動実施要綱」を定めています。神奈川県内で災害が起こったときには神奈川県はこの要項に沿って動くことになります。
この要項によると、県内で大災害が発生した時には「神奈川県動物救護本部」を設置し、その下部組織として地域支部、仮設動物救護センター、臨時動物救護病院を設けることになっています。私の住む市も例外ではないはずですが、まだ具体的な動きはないようです。
そこで以下に、私の住む市(以下××市)が大災害の被害を受けた時のことを県の要項に沿って考えてみました。

1. ××市は災害が起こって時には「神奈川県災害時動物救護活動実施要綱」に基づいて、「神奈川県動物救護本部」の下部組織として、××市内に
(1) 動物救護××支部
(2) 仮設動物救護センター
(3) 臨時動物救護病院
を設ける。

2. 動物救護××支部
(1) 支部長は××獣医師会長とし、副支部長は支部長が指名する。
(2) 以下の業務を行う。
① 本部、仮設動物救護センター、臨時動物救護病院との連絡調整
② ××市内の関係団体、行政機関との連絡調整
③ 飼養されている動物に対する餌の配布
④ 負傷している動物の応急治療および一時保管
⑤ 所有者が不明な動物の一時保管
⑥ ××市内の被災動物に関わる巡回相談、助言及び情報提供
⑦ その他××市内の動物救護活動に必要な事項
(3) ××支部長はその活動のために必要な人員及び物資等の配布を神奈川県動物救護本部(以下本部)に要請する。
(4) 設置期間は3ヶ月以内とし本部長が決定する。

3.仮設動物救護センター
(1)所長は××獣医師会の会員とする。
(2)以下の業務を行う。
① 本部、××支部、臨時動物救護病院との連絡調整
② 負傷している動物の治療、保管
③ 所有者が不明な動物の一時保管
④ ××支部または臨時動物救護病院で一時保管している負傷動物または所有者不明動物の収容
⑤ 飼育することが困難な動物の一時保管
⑥ 動物の所有者探し、里親探し、情報提供
⑦ 医薬品、物資登の保管
⑧ その他××市内の動物救護活動に必要な事項

4.臨時動物救護病院
(1)神奈川県獣医師会員(以下では獣医師会員)が小田原で開く診療施設
(2)獣医師会員は災害により本部と連絡が取れない場合には自主的に活動を開始できる
(3)以下の業務を行う。
 ①負傷している動物の治療、一時保管
 ②所有者が不明な動物の一時保管
 ③飼養されている動物への給餌
④その他動物救護に必要な事項
(5) 獣医師会員は臨時動物救護病院の活動に必要な人員、物資の配布を本部に要請できる
(6) この活動期間は仮設動物救護センターの開設までとする

|

« 中国経済が崩壊したら? | トップページ | 「豹変した中国人がアメリカをボロボロにした」川添恵子著 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/53306633

この記事へのトラックバック一覧です: 大災害とペット(犬):

« 中国経済が崩壊したら? | トップページ | 「豹変した中国人がアメリカをボロボロにした」川添恵子著 »