« 迫りくる破局の足音 君には聞こえているか | トップページ | 嗅覚を失うまで行方不明者を捜し続けた“小さな勇者” 災害救助犬が被災地で見た「とり残された弱者」の悲哀 ――災害救助犬調教師・村田忍氏と救助犬・レイラのケース »

ロシアと北朝鮮

私の思いすごしかもしれないが、最近ロシアが北朝鮮に近づいているような気がする。

そう思ったきっかけはロシアが北朝鮮との間の鉄道を修復する、という記事を詠んだことだが。

ロシアと中国の間は単純ではない。冷たい期間と暖かい期間が交互に来る。今はどちらかと言えば暖かい方に見える。しかしロシアとしては今のうちに冷たい期間への備えをしておく必要がある。

ロシアが北朝鮮を味方に、或いは子分にできれば、使い道は多い。

1.中国に対しては脅しとして使える。北朝鮮と組んで中国を攻めるぞと暗に脅かすわけだ。

2.同じように日本に対しても脅しになるだろう。

3.北朝鮮は藁にもすがる思いで、ロシアと手を組むかもしれない。

4.行く行くは北朝鮮をロシア領にできれば、積年の想いをロシアは叶えることができる。

5.ただし、難民が洪水のようにシベリアに雪崩こんでくる恐れがある。

しかしこれも、現に大量に入り込んでいる中国人移住者への牽制にできる。

どうだろうか?

|

« 迫りくる破局の足音 君には聞こえているか | トップページ | 嗅覚を失うまで行方不明者を捜し続けた“小さな勇者” 災害救助犬が被災地で見た「とり残された弱者」の悲哀 ――災害救助犬調教師・村田忍氏と救助犬・レイラのケース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/52994797

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアと北朝鮮:

« 迫りくる破局の足音 君には聞こえているか | トップページ | 嗅覚を失うまで行方不明者を捜し続けた“小さな勇者” 災害救助犬が被災地で見た「とり残された弱者」の悲哀 ――災害救助犬調教師・村田忍氏と救助犬・レイラのケース »