« ユーロ 余計なお世話 | トップページ | 佐藤隆太の地球バス旅行 »

ホルン

近所でホルン4重奏の無料公演があったので行ってきた。昔からホルンの優しい音色が好きだったので。

Photo

プロの卵レベルの人たちだったが(全員女子)私的には満足。久し振りにホルンを生で聴いた。

しかし疑問も湧いた。

1.何故ホルンの先端は前方に開かないで斜め後ろに向いているのか?

2.何のために右手をラッパの開口部に突っ込むのか?

帰ってきて早速調べてみる。

http://mikeneko105.blog63.fc2.com/blog-entry-488.html

1.猟に使っていたのは分かる。しかし、何故それを演奏に使うようになっても引き継がなければいけないのか?開口部を前方に向けることによって致命的な音質変化が起こるとは素人には考えにくい。歴史的な経緯はそうだとしても、何か音楽的な理由があるはずだ。

2.これはやや納得。おそらく音質が変化するのだろう。トランペットでこの開口部に何かはめて音質を変えているのを見たことがある。ジャズだったが。

そして、この利点が捨て難かったので、敢えて音量を犠牲にして開口部を前に向けなかったのではないか?

今度機会があったら訊いてみよう。

|

« ユーロ 余計なお世話 | トップページ | 佐藤隆太の地球バス旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/52766240

この記事へのトラックバック一覧です: ホルン:

« ユーロ 余計なお世話 | トップページ | 佐藤隆太の地球バス旅行 »