« ケインズ政策 | トップページ | 中国世界大戦を恐れる »

元 ちとせ

昔からなんとなく気になっていた。奄美大島に行ったときに「ここが元ちとせの実家だ」と教えられた。もう数年前の話。それきりだった。

最近は私のような門外漢にも聞こえてくるほどのヒットもなく、忘れるともなく忘れていたのだが、、、、

俄に気になり出したのは、アメイジングヴォイスでコメンテイターを演じているのを見てその魅力を知ったから。

そこでヴィデオを買った。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0-%E5%85%83%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%9B%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%80%8C%E5%86%AC%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%BC%E3%80%8D-DVD-%E5%85%83%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%9B/dp/B0002CHQFI/ref=pd_rhf_p_t_1

そうなのか、彼女は現代の巫女(ノロまたはユタ、要するにシャーマン)を任じているのではないか。
見ていて、私は「卑弥呼」または「天照大神」或いは「アメノウズメノミコト」を連想した。きっとこんなだったのだろうと思わせる何かがある。

歌いながら踊るのだがその踊りが(自分で考えたのか、振付師がいるのか)極めて土俗的で、正にシャーマンの踊りなのだ。日本民族の祖先の姿が垣間見える。

ただし、芸術またはエンターテインメントとしては、マンネリだろう。それが最近の彼女の活躍があまりぱっとしていないように見受けられる原因と思う。

新しい分野での活躍を期待するのは無理ななおだろうか?

岩戸隠れで天照大神が天岩戸に隠れて世界が暗闇になったとき、神々は大いに困り、天の安河に集まって会議をした。思兼神の発案により、岩戸の前で様々な儀式を行った。
その一環として、アメノウズメがうつぶせにした槽(うけ 特殊な桶)の上に乗り、背をそり胸乳をあらわにし、裳の紐を股に押したれて、低く腰を落して足を踏みとどろかし(『日本書紀』では千草を巻いた矛、『古事記』では笹葉を振り)、力強くエロティックな動作で踊って、神々を大笑いさせた。その「笑ひえらぐ」様を不審に思い、戸を少し開けた天照大神に「あなたより尊い神が生まれた」とウズメは言って、天手力雄神に引き出して貰って、再び世界に光が戻った。
(wikipedia)

|

« ケインズ政策 | トップページ | 中国世界大戦を恐れる »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/52620269

この記事へのトラックバック一覧です: 元 ちとせ:

« ケインズ政策 | トップページ | 中国世界大戦を恐れる »