« 山高ければ、谷は深いか? | トップページ | 脅威の「世界同時デフォルト」 »

ウィキリークス

う~ん難しいものが出てきた。

一概に「良い」、「悪い」が言えないことが困る。

勿論現在の権力者は反対している。それはこれらの機密を保つことによって、自分たちの利権を守れなくなるからだろう。

しかし、そんなものは一般市民にはなんの関係もない、と言うよりも、有害である。真実を知ることができないのだから。

一方、例えば国防上の機密がダダ漏れになれば、(民主党政府は知らないが)普通の国なら国を守る上で不都合になるのが現実だろう。

要するに、機密暴露にはどこかに一線があり、一般市民が知っているべき機密(例えば尖閣の中国船衝突ビデオ)と知らせるべきでない(敵国に知られるとまずい)情報とがある。

これの選別、もしくは線引きを公正に行う必要がある。これが難しい。

現在の、ウィキリークスの創始者(アサンジュ氏?)に対するマスコミの悪評にはちょっと作為的なものを感じるが、彼が適格であるとは証明されていない。やはり、公正な第三者機関が中立的な立場で合議の上決定すべきことだろう。そしてその議論内容を公開する必要がある。

こんなに大事なことを日頃お喋りな評論家が一言も触れていないのも不気味だ。

|

« 山高ければ、谷は深いか? | トップページ | 脅威の「世界同時デフォルト」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/50234960

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキリークス:

« 山高ければ、谷は深いか? | トップページ | 脅威の「世界同時デフォルト」 »