« 2010年5月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

逆上する中国

尖閣諸島で中国政府は逆上しているように見える。みっともないことだ。世界が見ていることをお忘れか?

海底資源がほしいと言うことは分かるがそれ以上に、「すでに属国にした」と思っていた日本の思わぬ抵抗(確かに遅かったが)に狼狽しているのだろう。それにしてもやることが常軌を逸している。

心配なのは民主党だ。いつ弱腰に転じるか分からない。今のところは頑張っているが。

それともっと中国の非道を世界に向けて宣伝しなければならないと思う。国連に提訴すべきでは?

良いこともある。これで日本人も中国の本当の姿が見えるようになって、嫌中感情が広がることだ。

それにしても、中国の対応は常識を超えている。彼ら自身の何らかの弱みを語っている。論理の弱みだけではないだろう。マスコミが報じるような反政府暴動への発展を恐れているのだとすれば、マスコミの報じている中国の国内治安は報道以上に危険に瀕していることになる。

しかし、国内の反日デモを制圧する中国政府を見ていると、あの「魔法使いの弟子」を思い出す。元々は君たちの反日教育の成果ではないか。それがコントロールできなくなっているだけだ。自分たちの誤りを知れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一兵卒と野戦部隊

小沢が民主党で「一兵卒」として頑張ると言ったとか。

中国では確か,中国共産党の(?)「野戦部隊の部隊長」を自称した筈。

「一兵卒」と「部隊長」の違いはなにか?気になる。

本人はその時々の口から出任せを言っているだけなのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党代表選

マスコミこぞっての応援もむなしく小沢一郎は選ばれなかった。先ずはめでたい。

でもなぜマスコミはあんなに小沢一郎を担ぎ上げたのでしょうね。何か裏があるに違いないと思いますが私は知りません。

しかし、これでマスコミの世論誘導能力の限界が明らかになったことは大変喜ばしい。彼らに誘導され易いのが、国会議員だと言うことも分かった。大衆はマスコミのエリート連中よりも遥かに賢いと言うことも分かった。

外国人票まで利用したと伝えられる小沢一郎。その外国人票も今のところは大したことはないことが分かった。しかし、外国人の地方選挙権が認められると大幅に事態は変化するだろう。

日本を地獄の底に引きずり込もうとした小沢一郎。失敗した今は、自分一人で地獄の底に落ち込んで行けば良い、。とH思うがそうは行かないかもしれない。

外国人に地方選挙権を認めようとするのは民主党の方針だし、それが実現すれば小沢一郎に復活の芽が出てくるのかもしれない。

不毛の選択だったが、小沢よりは管の方がまだまし、と言うに過ぎない。管で内閣が長持ちするとも思えない。

それよりも心配なのはやはり尖閣諸島だ。いまでこそ、現場主導で民主党も黙認しているが、元々は熨斗をつけて中国殿に献上したくて仕方ないのではないか?その本音がいつどのような形で現れるのか?私はそれが心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣諸島

何回か日中の間で問題になって尖閣諸島。従来はなぜか日本政府が中国の横車を許し、強硬な抗議を行わずに見過ごしてきた。中国はこれは日本が、尖閣諸島を中国に贈呈しているのだと勘違いし、ますます暴虐無人に尖閣諸島は中国固有の領土だと言い出した。

そこに起こった中国漁船の体当たり事件。流石の日本政府も腹に据えかねたのか、船長を逮捕した。漁船ではなく、漁船を装った工作船だと言う人もいる。

そして中国政府は激昂し、夜中の0時に日本の大使を呼びつける、しかもこれで5回目、という国際的にも異例な対応を示した。

日本は船員の帰国は許したが、船長は逮捕したまま。是非国法にのっとって厳格に裁いて場合によっては実刑に処してもらいたい。

それにつけても心配なのは民主党政権の対中弱腰。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年11月 »