« 私の中のあなた | トップページ | 硫黄島(いおうとう) »

謎 日本の食料自給率

日本の食料自給率が41%で先進国に例を見ない低さだ、と何回も聞いてきた。ところがこの数字には様々な前提があることが、週刊東洋経済2009.10.17に載っていた。面白かったので以下に紹介する。
ーーーーーーーーーーーーーーー
1.41%と言うのはカロリーベースで金額ベースだと65%になる。その差は穀物や肉類に比べて野菜のカロリーが低いからだ。
しかもカロリーベースの食料自給率を使っているのは世界中で日本だけで、国際的には穀物自給率を重量ベースで算出して使っている。日本の重量ベース穀物自給率は61%で比較的高水準なのだそうだ。お役人の作為を感じざるを得ない。

2.農水省が発表している各国のカロリーベース食料自給率は、各国が発表している数字ではなく日本の農水省が各種統計データから独自に算出したもの。しかも諸外国は食料の輸出入が多く、輸出された食糧も国内供給量に入れるので、本来の食料自給率よりも高く出ている。

3.カロリーベース食料自給率の分母には廃棄分が含まれている。実際に国民が食べた食料だけで計算すると、自給率は53%になる。
一方、分母に生命維持に必要な熱量を置き、現在の耕地面積を芋などカロリーの高い作物に転作するとすれば、自給率は80~140%になるのだそうだ。

4.過去の統計に拠ると、自給率を1%上げるには輸入を減らすのが手っ取り早い。
ーーーーーーーーーーーー

食料自給率が低いことは良いことではない。高いにこしたことは無い。しかしこうして見ると、農水省の「食料自給率キャンペーン」には胡散臭さを感じてしまう。

|

« 私の中のあなた | トップページ | 硫黄島(いおうとう) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/46547347

この記事へのトラックバック一覧です: 謎 日本の食料自給率:

« 私の中のあなた | トップページ | 硫黄島(いおうとう) »