« 中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ@渋谷2009.07.12 | トップページ | 金正日の勝利 »

中国はインフレになるか?

中国がドルの威信低下を好機として、自国の通貨を世界の基軸通貨にするために、色々画策しているのはご承知の通り。

そして、アジア諸国はこの動きに便乗して中国のご機嫌を取ろうとしているようだ。例えばタイとか。

世界中の多くのジャーナリストが中国経済の逸早い回復振りを賞賛している。一方、中国GDP統計数字の恣意性は有名だし、中国政府は無視しているが、欧米ではその数字の矛盾を指摘する声も上がり始めた。

どちらかの言っていることが事実に反しているのだろうが、もう直ぐどちらの言うことが本当かが分かる瞬間がくるのではないだろうか。私はそれを待っている。

しかし、今でも分かることは、世界中でこれだけ紙幣を刷りまくれば、大インフレーションがやってくる筈だということだ。そして一番紙幣を乱発して いるのは中国ではないか?しかもその生産性は、賄賂に消える分が多くて決して高いとは思えない。すると、今後中国のインフレ危険度はかなり高そうだ。

金融統制国家の通貨が世界通貨になれるはずがない、と言う原則論もあるが、私にはインフレの方が恐ろしい。減価リスクを抱えた元を持ちたい人がいるとしたら、大変不思議な人だと私は思う。

|

« 中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ@渋谷2009.07.12 | トップページ | 金正日の勝利 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/45817710

この記事へのトラックバック一覧です: 中国はインフレになるか?:

« 中国政府によるウイグル人虐殺抗議デモ@渋谷2009.07.12 | トップページ | 金正日の勝利 »