« 黄文雄 講演会 | トップページ | 世界が仰天する中国人の野蛮 »

中国が企む台湾・沖縄侵攻と日本支配 宮崎正弘

最近のテレビ・新聞・雑誌等のマスコミの中国偏向は目に余る。ネットの情報の一部を読んでいないと世界を見誤って仕舞う。その時に信用できる筆者の一人が、本書の著者、宮崎正弘氏である。

氏はメルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」を発行しており、私はその読者である。
申込:http://www.melma.com/backnumber_45206/

中国共産党政府の政策を事実を上げて列挙しており、大変説得力がある。本書を読むことによって、いままで謎が多く、理解し難かった中国政府の政策の成り立ちが、明確に理解できるようになる。

何故我々は中国政府の政策が理解し難いのか?

それは基本的な考え方の相違が、我々日本人と中国共産党政府との間にあるからだ。日本人はお人よしで直ぐに中国政府の言うことを信じる。しかし中 国政府は中国共産党の利害、あるいは自分個人の共産党内部での立身、個人の蓄財、にしか興味を持っていない。ここに大きな誤解と行き違いが生まれる。

日本の政治家、マスコミ、評論家もこの辺の理解は浅いようだ。或いは中国側からの様々な利益誘導(ハニートラップを含む)を受けておきながら、中国側の真意を理解していない振りをして、自分自身を合理化しているのではないか、とも思われる。

虚飾を廃した裸の中国を真正面から見つめた本だといえる。そして結果的に日本の現状に警鐘を鳴らすことになっている。

|

« 黄文雄 講演会 | トップページ | 世界が仰天する中国人の野蛮 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/43307330

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が企む台湾・沖縄侵攻と日本支配 宮崎正弘:

« 黄文雄 講演会 | トップページ | 世界が仰天する中国人の野蛮 »