« 鼓童(こどう) | トップページ | 日本は反省の出来ない国か? »

アメリカの底力

オバマを当選させることによって、アメリカは自己変革能力があることを証明できた。

「次は日本の番だ」と言う人がいるが、そうあって欲しい。しかし、多分実現しないだろう。

現在実権を持っている人たちは、全員「既得権益」の亡者のように私には見える。彼らは日本と言う国がどうなろうとも、一度手に入れた既得権益だけは手放すまいと決心しているように見える。

それを助長しているのが政治家の世襲だろう。政治家だけでなく、役人にも学力格差の世襲(実は年収の世襲なのだが)と言う形で世襲が蔓延っている。これを退治するには現在の収入格差を次代に持ち込ませないような政策が必要だろう。しかし、そのような動きはない。

民主党がオバマ氏の「変革」を我田引水してはしゃいでいるようだが、烏合の衆の彼らに、その能力があるとは到底思えない。

このようにだらしない野党しか持てないことが日本人の不幸であると思う。

しかし、彼らを当選させたのは我々だ。次回の選挙では、もう少ししっかりしなければ、何回選挙をしても、同じことの繰り返しになる恐れがある。

|

« 鼓童(こどう) | トップページ | 日本は反省の出来ない国か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/43051449

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの底力:

» 賢とは何か [連山改]
天上天下唯我独尊 釈迦は摩耶夫人の右脇から生まれたとされるが、七歩歩いて右手で天... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 15時31分

» オバマの第一声「アメリカの大いなる挑戦」 [米流時評]
  ||| 第6章 アメリカの大いなる挑戦 ||| 「米国経済の大いなる挑戦」オバマ次期大統領、初の公式記者会見 変革のスローガンCHANGEから山積する問題にCHALLENGEへ 「CHANGE」このスローガンをひっさげてオバマが大統領選に立候補宣言をしたのが2007年の2月。それから党公認候補として指名されるまでの長い長い予備選を、最大の強敵ヒラリー・クリントンと各州ごとに一進一退の「死闘」を重ねた末、盛夏のコロラドの民主党全米大会で公認候補の栄誉を受けたのがふた月半前。 その長... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 20時57分

» 孔子曰く、上知と下愚とは移らず [連山]
唯上知与下愚不移 子曰、唯上知与下愚不移、 出典:論語(陽貨) 生まれながらの賢人は常に賢く、生まれながらの愚人は常に愚かである。 関連コラム:賢とは何か 関連コラム:愚とは何か 縁なき衆生は度し難し 今回の金融危機で、当初「日本の経験を世界に教えてあげよう」と言うようなことを言った政治家もいたようたが、その後誰も聞きにはこなかったようだ。 それと言うのも、日本はどう対処すれば良いのか分からずに、徒に日を送って危機を拡大させ長引かせたことを皆知っていたから、と言われている。日本は見習ってはいけない... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 23時49分

» 軍とは何か [連山改]
軍とは運動と停止の組織体である 軍という文字は、象形文字である漢字では「車を包む... [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 17時41分

» 大恐慌で生き残るサイバーキャッシュ [連山]
中央銀行システムの終焉 天国と地獄 貰うか与えるかの点で、3つの経済モデルである、上意下達方式、交換経済、贈与の文化を考えてみよう。(略) 仏教の説話だと思いますが、天国と地獄とはどういうものか、とても長い箸がある世界の話があります。 長い箸では、自分の口に食べ物を運ぶことが出来ないが、他人の口には運ぶことができる。自分だけ食べようとすれば食べられない地獄になり、人を食べさせれば天国になる。 出典:流水成道 既に戦うまでもなく中央銀行システムは時間の問題で麻痺するか漸減します。サイバーキャッシュは誰... [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 19時10分

» 亡国への傾斜に警世の一閃!今からでも遅くない [米流時評]
   ||| 亡国への傾斜「日本の夜と霧」 |||  警世の一閃: 西村幸祐氏「国籍法改正案に反撃を! It's not too late!」  うにまろ氏「国籍法、対馬、郵政株凍結、りそな、暗殺【国家反逆罪国会】」 私は地球のおへそのようなハワイに住んでいるので、メディア環境はどっぷり米国型である。そういう条件なので、時々刻々のニュースは東部と同時間帯にテレビでチェックできるが、翻訳の対象にしているワシントン発の政治問題やニューヨーク発の時事・経済ニュースは、米国の東部時間から5時間... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 10時51分

« 鼓童(こどう) | トップページ | 日本は反省の出来ない国か? »