« パーマネントトラベラー | トップページ | アフリカ援助についての暴論 »

ブッシュがまた嘘をついている?

北朝鮮に対するブッシュの対応には全く腹が立つ。

1.核計画は提出さえすれば、その内容を検証することなく正しいと何故認められるのか?使わなくなった煙突を壊したことと何の関係があるのか?全く無関係な単なるパフォーマンスではないか。

2.核兵器の開発計画を一切含まない核計画に存在意義があるのか?こんなものは核計画ではない。

3.他国の国民を暴力的に拉致することがテロ以外の何なのかを説明せよ。日本国民は拉致問題が納得できる形で処理されない限り、北朝鮮をテロ国家とみなすことを止めることはできないだろう。

4.ここでブッシュが北朝鮮からテロ国家指定を外そうとしている動機は誠に疑わしい。単なる花道作りとは到底思えない。その裏にはもっと薄汚いものがあることを直感する。それが何か?歴史が証明するだろう。

中国は厄介者の北朝鮮を持て余してアメリカに押し付けたのではないかと思う。その時ブッシュに何を餌として食わせたのかはまだ分からない。やがて徐々に分かってくるだろう。

|

« パーマネントトラベラー | トップページ | アフリカ援助についての暴論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もはやブッシュにとって、否、アメリカにとって北朝鮮などはどうでもいいツマラナイ問題なのです。
アメリカは現在、住宅バブルの崩壊(サブプライム問題)で危機的状況です。取るに足らない東アジアのゴタゴタなどからは一刻も早く手を引かなければならないのです。

投稿: 通りすがり | 2008年7月23日 (水) 20時42分

ああ、それは言えますね。ただブッシュが誠実でない事は確かでしょう。

投稿: らんる | 2008年7月26日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/41779184

この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュがまた嘘をついている?:

« パーマネントトラベラー | トップページ | アフリカ援助についての暴論 »