« 税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT | トップページ | 竹島 »

イラン攻撃なんてできるの?

イスラエルは何が何でもアメリカにイランを攻撃させたがっているように見える。しかし、アメリカの何処にそん なお金があるというのか?日本に払わせろ、冗談じゃない、拉致被害者を見殺しにして中国・北朝鮮におべっかを使うアメリカのためになどに、びた一文払いた くない。払ったら次の選挙で痛い目に会うだろう。

大体常識的には今度の選挙にはオバマが勝って、イラクからは撤退するというのが妥当な予測ではないだろうか。イラクから撤退しておいて、新たにイランを攻撃するとはちょっと考えられない。

イスラエルの財政がアメリカからの援助でもっていることも常識だろう。しかし頼みのアメリカは、サブプライムを原因すると言われる(余り何時まで も同じことを言われ続けると疑わしくなってくるが)不況とドルの暴落でこれからどうなるか分からない。大体の人ははアメリカドルが世界通貨の地位から滑り 落ちるのは時間の問題だろうと思っているようだ。

そのとき、イスラエルはどうなるか?破産して地上から消えるのかもしれない。

しかし、ユダヤ人はしたたかだ。生き残るとしたらどのような形で生き残るのだろうか?パレスチナの土地はパレスチナに返して、再び世界に散らばっ ていく他ないのではないだろうか。それとも、アメリカに小さな土地を貰って、新イスラエルを作るか?少なくとも、そうなれば現在よりも世界は平和になるだ ろう。

|

« 税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT | トップページ | 竹島 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

『パレスチナの土地はパレスチナに返して』と有りますが元々はイスラエル・ユダヤ人の土地だったのでは?

投稿: | 2008年7月18日 (金) 00時02分

WIKIPEDIAによると、
# 紀元前11世紀頃 - パレスチナの地に古代イスラエル王国が誕生。
# 紀元前922年 - 内乱のため南北に分裂。
# 紀元前721年 - 北のイスラエル王国はアッシリアに滅ぼされる。
# 紀元前612年 - 南のユダ王国は新バビロニアに滅ぼされる。
# 紀元前538年 - ペルシア王国が新バビロニアを滅ぼし、バビロニアの虜囚イスラエル人は解放される。
# 紀元前334年~紀元前332年 - マケドニア王国のアレクサンドロス3世による東方征服でパレスチナの地が征服される。その後、マケドニアは分裂し、プトレマイオス朝、そしてセレウコス朝(シリア王国)の支配下に入る。
# 紀元前143年 - セレウコス朝の影響を脱しユダヤ人がパレスチナの地の支配を確立する(マカバイ戦争)。その後、ローマ帝国の属州となる。
# 66年 - ローマ帝国の属州であったユダヤの地でユダヤ戦争(第1次ユダヤ戦争)が勃発。独立を目指すが、70年にローマ帝国により鎮圧され、民族の多くは各地に分散する。
# 132年 - ユダヤ人バル・コクバに率いられたバル・コクバの乱(第2次ユダヤ戦争)が起き、一時イスラエルは政権を奪還したが、135年に再びローマ帝国に鎮圧される。その後、さらに多くの住民が各地に離散し、現代イスラエル国が誕生するまで長い離散生活が始る(ディアスポラ)。

とあります。つまりイスラエルの土地がユダヤ人のものだったのは2000年近く前の話で、いわば古証文です。その時代は日本では卑弥呼もまだ生まれていないのでは?

投稿: らんる | 2008年7月21日 (月) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517191/41888912

この記事へのトラックバック一覧です: イラン攻撃なんてできるの?:

« 税金を払わない終身旅行者―究極の節税法PT | トップページ | 竹島 »